Anellia Neo

井上喜久子さんのファン且つ「ケロロ軍曹」の秋ママLOVEと言うより
原理主義者MISTのアニメレビューブログ リンクはフリーです。
PROFILE
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセスカウンタ
検索ワード解析
サブタイトル一覧(テスト中)
クリックすると一覧表示
ケロロ軍曹4th(#155-#167)
ケロロ軍曹4th(#168-#180)
ケロロ軍曹4th(#181-#193)
ケロロ軍曹4th(#194-#205)
ケロロ軍曹5th(#206-#218)
ケロロ軍曹5th(#219-#231)
ケロロ軍曹5th(#232-#244)
ケロロ軍曹5th(#245-#256)
ケロロ軍曹6th(#257-#269)
ケロロ軍曹6th(#270-#282)
ケロロ軍曹6th(#283-#295)
ケロロ軍曹6th(#296-#308)
ケロロ軍曹7th&乙(#308-#320/#001-#013)
ケロロ軍曹7th&乙(#321-#333/#014-#026)
ケロロ軍曹7th&乙(#334-346/#027-#039)
ケロロ軍曹7th&乙(#347-#358/#040-#051)
らき☆すた(全24話)
ぽてまよ(全12話)
CODE-E(全12話)
ケロロ軍曹トラックバックピープル
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
CODE-E 第12話(最終回)
「破滅と再生のこと。」

どう考えても第2期を作るのを前提にしたような最終回だったと言うのが率直な感想です。

続きを読む >>
| CODE-E | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
CODE-E 第11話
「サマースクールと陰謀のこと。」

千波美にサマースクールに誘ってもらったことを、由真がちょっと嬉しかったと言ったのは、とっつきにくいイメージが持たれていて人が自分に寄ってこなかったからでしょう。それにきっと昔は千波美のように力を制御できず他人と関わることを避けていたのかもしれない。それと由真の家族が見えないところを見ると由真は疎まれているのでしょうか。

園美は恵まれた環境にいるが、仕事で多忙な両親とは疎遠になっていることを寂しく感じているのを考えると、千波美は家族と言うものに恵まれていて、彼女の電磁波を出す体質がその絆を深めているのではないのかと思います。

サマースクールの宿泊施設で渡されたIDリストバンドはキャッシュレスで買い物が出来たり、GPS内蔵で地図としても使えるのは便利だが、ミリスが言っていたように見方を変えれば行動を逐一、監視されているまるで刑務所か何かの実験所。しかし、そのことに気が付いた人間が他にいないみたいなのはおかしいと思います。由真もミリスのようにそう思ったかもしれないですが

千波美の力が消えたことでお家復興はままならぬと言うミリスにアドルはそんなに思いつめなくてもと言っていたが、アドルがのんきすぎるような気がします。お風呂のシーンで由真が千波美にアイコンタクトしたのを見た小松菜がひょっとして禁断の愛って、おいおい。流行と言えば流行かもしれないですが(´▽`;A

サマースクールの施設がある安満沢という場所が何かあるみたいで千波美の力が再び発動。光太郎に相談しに行こうとするが、もう関係ないと突っぱねたのに今更虫が良すぎるとやめる。しかし、あと1話で千波美の力のこと、光太郎との関係のことと話がまとまるのか疑問に感じています。
| CODE-E | 01:50 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
CODE-E 第10話
「消えた力と気持ちのこと。」

光太郎の言葉にショックを受け感情を抑えることもせず電磁波を大放出したせいか力が消えた千波美。一時的なものかどうかは不明だが力が消えてから1週間は過ぎた。

体質のこともあって携帯を使っていなかった千波美に携帯を買うのを付き合ってといわれたら、小松菜が怪訝に思うのは当然でしょうね。

力がなくなって電気製品に怯えずに普通の生活ができるようになった割には、
却って疲れてしまう千波美だった。

何を以って普通なのかわかりませんが、環境が変わると戸惑うのは確かでしょう。由真のように力を制御できる人は別にして、TYPE-Eの力はないほうが良いでしょう。別にこの力はなくても困るようなこともないと思いますし、あっても厄介なだけでしょうから。

力が消えたにもかかわらず、ご飯をガスコンロで炊いていたとき、ご飯はガスで炊いたほうが美味しいと言っていたが、私が物心を付いた時は既に電子ジャーなのでわかりません。お冷ご飯を蒸し器でふかすのも電子レンジを買ってからはそれもなくなりました。

千波美の学校のサマースクールの主催者はTYPE-Eの力の持ち主に狙いがあるようですが、次回には明らかになるのでしょうか?それと千波美に力を失った自分に価値はないでしょうと言われた光太郎はどうアプローチしていくのでしょうかね。
| CODE-E | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
CODE-E 第9話
「お見合いと恋敵のこと。」

自覚があるのか今ひとつわかりませんが光太郎への恋心に戸惑う千波美は初々しくて良いです。園美は普段、自分をほったらかしにしている父親からお見合いの話を聞かされ、それが政略結婚であることが見え見えなので憂鬱になっていた。

園美は光太郎が体育の時間、野球をやっているときにボールが当たった千波美は心配するのに自分のことは心配しくれないことに腹を立て、自分と千波美のどちらを取るのと面と向かって尋ねる。光太郎はあくまで千波美の力に興味があるだけと答えるが、部屋の前でそれを聞いてしまった千波美は感情が昂り、抑えきれず暴走しすさまじいまでの力を発動させてしまい、千波美が通ったそばのものが壊れ停電になってしまう。

悪気はなかったんでしょうけど、光太郎の心無い一言が千波美を追い詰める結果になってしまいましたね。千波美や由真が持っているTYPE-Eの力を使えば都市機能を壊滅させるのは容易なこと、それを企む人物や組織がでてきてもおかしくないです。おそらく先週でてきた土地開発に絡む人物たちがそうなのだと思います。それとアドルは千波美に情が沸いたように見えたんですがどうなんでしょう。

あと何か今更と言う気もしますがこの作品は「炎の少女チャーリー」と言う映画を思い出します。もっとも、あらすじだけ知っていて観た事がありませんが。
| CODE-E | 01:40 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
CODE-E 第8話
「色仕掛けとすれ違いのこと。」

リニアモーターカーと土地開発に絡んだ人物がでてきて、千波美や由真みたいに力を持った人を集めたいようですが、何が目的なのかが不明。

千波美は由真に光太郎のことを彼氏と言われて思い切り否定する。まあ、でも、由真はそれが自覚はないが肯定していると思っているのでしょう

園美の協力もあり千波美の能力が少しだけ解明され、その能力を持つのはあるウィルスの感染者らしいことがわかった。この時、光太郎が園美に感謝して手を取るのを見て、感情が昂るが何故そうなるのかわからない千波美だった。
続きを読む >>
| CODE-E | 23:08 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
CODE-E 第7話
「外国人と初恋のこと。」

検査の結果、千波美の身体には電気うなぎが持っている電気を発生する物質のようなものがあるのではとわかる。

この時、千波美は園美から自分は呼び捨て、光太郎は光太郎くんと呼ぶように言われていたが、一度、固定された呼び方は変えにくいものですよね。

ミリスとアドルはようやく千波美の学校に編入できたが、双子なのに同じクラスなのは性別が違うからでしょうか。ルックスの良さもあるんでしょうけど、それにしても生徒たちは騒ぎすぎじゃないの(^_^;)

啓介さん、千波美から由真のことを聞いて日本人はやっぱり黒髪と言いつつ、転校生が外国人と知れば金髪碧眼が良い、そんな頃に戻って甘酸っぱい青春を送りたいとは節操がないです。それに呆れて料理中の千波美に味付けを甘酸っぱくしてあげてと言う美月さん(^_^;)

自分たちのために盛大な歓迎会まで開かれてそれに合わせるミリスとアドルですけど、
完全に色物キャラになっていますね。

帰りのバスの中で由真に感情が制御できるようになったと言われたものの、ある事を言われて千波美は暴走。その時、由真が何と言っていたかの描写はなかったものの、タイトルから察しは付きます。そして、三角関係に発展するんでしょうね
| CODE-E | 18:23 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
CODE-E 第6話
「巫女さんと修行のこと。」

千波美は光太郎から電磁波の出力を測定する機械を渡される。

千波美と光太郎の会話を聞いて園美が勘違いすると言うのはお約束なんですね。今回は勘違いしても無理はないですが。園美は由真が千波美を誘ってくれたお蔭で久しぶりに光太郎と二人きりになれてましたね。千波美が自分を避けているので、怒らせたのかと思う光太郎に、園美が光太郎はデリカシーに欠けるからと言うべきことはちゃんと言いますね

ろくにしゃべったこともない由真から家に来ないかと言われて戸惑う千波美は美月に話すと友達なんて最初はそういうものと答える。

由真の家に行くもののおばあさんが由真様と呼んでいるの聞いて何か怪しいことをしているのでは勘違いする千波美に由真は自分はマッサージしてあげていただけ、そして、自分もTYPE-Eと呼ばれる千波美と同じ力を持っていると言う。

由真は自分はパワーは小さいが制御しやすいが、千波美はその逆と言う。そのため、コントロールの修行をさせる。千波美はどれも今ひとつうまくはいかないので落ち込むが、由真はそんなことはないという。

夜、寝ているとき由真が千波美に言ったことはすべて経験則でしょうね。人知を超えた能力を持っていると崇められることよりも、疎まれたり恐れられたり、化け物扱いされることが多そうですから。あと、この時メーターが反応したのは千波美の物ではなく由真のものなのでしょうか

ミリス&アドルのプリンベルケ姉弟、やっと転入届が受理されてとりあえず良かったねと思うものの、外国の人は印鑑ではなくサインでOKと調べなかったんでしょうか(´▽`;A 職員も彼らから解放されると喜んでいましたけどそうでしょうね。

今回、一番印象に残ったのはラストで由真がはにかんだ場面ですね。
| CODE-E | 18:26 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
CODE-E 第5話
「憂鬱と親子のこと。」

千波美の電磁波を出す体質はコントロールできれば便利かもしれないが、でも電磁波は人体に悪影響を及ぼすと考えられているので、身体には良くないでしょう。

その体質のせいで父親の原稿をダメにして家に帰りたくないほど思いつめ、ずっと両親に迷惑をかけっぱなしと自分を責める千波美に園美が語気強く、両親が千波美の事を厄介者だと思っていたらとっくに一家離散していると言ったのは、自分は両親にあまり構ってもらえていないから、たっぷりと気にかけてもらえている千波美が羨ましいと思ったんでしょうね。でも、言い過ぎたと思ったのかフォローしていたところが好感が持てますね。それにしても光太郎は本当に科学バカです(^_^;)

今回は千波美と園美の両親との関係を対比させた話でしたね。でも、どちらも最後は外で食事するのは同じでしたが(^_^;)

千波美の父・啓介さんに一言、年頃の娘がいるのに官能小説を書くのはいかがなものかと思いますね。(^_^;)
| CODE-E | 00:46 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
CODE-E 第4話
「秘密とバカのこと。」

登校中のバスの中で千波美相手に相変わらずしゃべりまくる光太郎。千波美はそのせいで周りの人の視線が痛いと感じているのに、全く気にならない光太郎はどうかと思いますね。

実験に協力している時、今朝、目玉焼きを作っていたときに母親の美月にタマゴを割るのが上手くなったと言われたことを思い出し、それと同じで制御も可能なのではと思い始める。

千波美は光太郎としょっちゅう一緒にいることに業を煮やした園美に手紙で屋上に呼び出されて、一方的に言いたいことを言われて感情が抑制できず、電磁波を発生させてしまい、周りに影響を与えてしまう。

園美と千波美のやり取りをこっそり見ていた園美のクラスメイトに千波美が謝ったことで光太郎の道具でやったことでしょうと詰め寄られるが園美は道具なんて使っていなかったと思う。そこへ光太郎が現れ今、空を飛んでいる飛行機が原因と言い、園美は話を合わせる。

園美は千波美の体質のことを知り、彼女への怒りは収まり秘密は守るという。ただ、巫屋の野菜の味がわかるのは私だけと言う。

これで千波美は園美から怖い顔で睨まれなくなりましたけど、このままの状態が続くと思えませんけどね(^_^;)

アドルはサングラスをかけた顔写真を貼った転入届を受理しない役所の職員は何て融通が利かないと言っていたが、それは当然でしょう(-_-;)
| CODE-E | 18:23 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
CODE-E 第3話
「電磁波と研究のこと。」

千波美の体質は食生活が関係しているのではと仮説を立てるのは良いが、人の話はちゃんと聞きましょう。しかし、光太郎は何故そんなに栄養学にも詳しいのだろうか?

千波美も「私の身体に興味があって」と光太郎に言われたままの言い方をしたら園美が誤解するのは当然でしょう(-_-;)しかし、美術室が生徒たちの逢引の格好のスポットになっているとはどういう学校なんですか(-_-;)

脈拍を測る道具がでてきましたが、月1で通院している在宅酸素外来で使う血液中の酸素を測る道具があんな感じです。これが使われるようになるまで、手首から動脈血を取っていたのでいつも痛い思いをしていました。

今後、園美がどういう行動に出るかが気になりますね。今の段階では光太郎に何も感じていない千波美ですが、この先恋愛感情が出てくるとさらに話はややこしくなりそう。

千波美に対して無防備すぎると思った由真は何を知っていて、その力を利用しようと日本へきた外国人の男女は一体何者なのでしょう?
| CODE-E | 01:00 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP