Anellia Neo

井上喜久子さんのファン且つ「ケロロ軍曹」の秋ママLOVEと言うより
原理主義者MISTのアニメレビューブログ リンクはフリーです。
PROFILE
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセスカウンタ
検索ワード解析
サブタイトル一覧(テスト中)
クリックすると一覧表示
ケロロ軍曹4th(#155-#167)
ケロロ軍曹4th(#168-#180)
ケロロ軍曹4th(#181-#193)
ケロロ軍曹4th(#194-#205)
ケロロ軍曹5th(#206-#218)
ケロロ軍曹5th(#219-#231)
ケロロ軍曹5th(#232-#244)
ケロロ軍曹5th(#245-#256)
ケロロ軍曹6th(#257-#269)
ケロロ軍曹6th(#270-#282)
ケロロ軍曹6th(#283-#295)
ケロロ軍曹6th(#296-#308)
ケロロ軍曹7th&乙(#308-#320/#001-#013)
ケロロ軍曹7th&乙(#321-#333/#014-#026)
ケロロ軍曹7th&乙(#334-346/#027-#039)
ケロロ軍曹7th&乙(#347-#358/#040-#051)
らき☆すた(全24話)
ぽてまよ(全12話)
CODE-E(全12話)
ケロロ軍曹トラックバックピープル
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
逮捕しちゃうぞ フルスロットル 番外編(最終回)
「逮捕しちゃうもん」

頼子と葵ちゃんが、交通課なのにいくつも刑事事件を解決している夏実と美幸の墨東署スーパーコンビはカッコいいということで真似するが失敗し課長に大目玉を食らう。その後の警邏中、困っているおばあさんがいたので、話を聞くと孫の家に行く途中と言うことで、そこまで送ってあげることにする。しかし、彼女は墨東署管内で頻発している集団スリ事件の犯人グループの男性の変装だった、ふたりは犯人の逃走を幇助したことがばれたらと戦々恐々とし、何としても犯人を捕まえようとするが、なかなか捕まえられず、夏実と美幸が車で逃げ道をふさぎ、葵ちゃんが一本背負いで身柄確保。

結局、頼子と葵ちゃんは給湯室で自分たちには夏実と美幸の真似をするのは無理と言う結論に落ち着いていたんですが、そこへ課長が「またお前たち、サボっているのか?」と言うことは、いつもサボタージュしているんですか(^_^;) それにしてもこの番外編だけのために頼子と葵ちゃんVer.のOPを作ってしまうとは手が込んでいる。ワンコーラスはなかったですけどね。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 逮捕しちゃうぞ フルスロットル | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第22話
「運命のフルスロットル」

実際はそうではないのに、美幸がレッドファントムをあっさり捕まえたような感じがするのは何故だろう?

レッドファントムは不甲斐ない警察に変わって街の大掃除をしてやろうと思っていたと言っていたが、美幸はたとえ不甲斐ないといわれても法の下に正義があると信じていると返す。そんなことを言っていた奴がいたと回想するシーンで中嶋の元同僚だったことがわかるんですが、正義感が強いがために暴走してしまったというわけですね。

まあ美幸も、毒を持って毒を制していたレッドファントムに腹を立てたあまり暴走しかけていましたが。それと中嶋が美幸に結婚しようと言った以上、続編はなさそう。しかし今回が実質、最終回で、次回は頼子と葵ちゃんがメインの番外編とは思わなかった。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
| 逮捕しちゃうぞ フルスロットル | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第21話
「追撃!レッドファントム」

主役の片割れなのに前回は、話に全く絡まない上に台詞が一言もなかった美幸が目立っていたのは嬉しいが、でも、できれば緊迫した雰囲気じゃない話が良かった。

墨東署管内を我が物顔で走る暴走車や、そんな彼らに特殊な煙で制裁を加える赤い車に、車をこよなく愛する美幸は冷静さを失ってはいないが、内心ははらわたが煮えくり返るほど、腹を立てていますね。仕事を賭してでも捕まえたいと意気込んでいますから。

美幸の書いていたのが「辞表」ではなく「退職願」だったところが、ちゃんとしていますね。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
| 逮捕しちゃうぞ フルスロットル | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第20話
「墨東純情忌憚」

夏実は横断歩道そばの枝に引っ掛かっていた日記を拾う。部屋に戻り職務特権と言うことで(っていいのか?)読むと女子高校生のものと分かる。その日記には通学中の電車内で見初めた男子校に通う男の子・須藤への思いが綴られていて、夏実は自分にもそんな頃があったと思い出す。パトロール中、頼子がこの横断歩道で高校生の女の子が事故に遭い亡くなったと言う話をしていたのを思い出し、その少女について調べる。夏実は日記にあった通学路と似顔絵だけを頼りに須藤を探し出すことにして、彼を見つける。

彼もまた少女のことが気になっていたことを知るものの、夏実が本当のことを何も教えないままだったのは正しい選択でしょう。切ない話なんですけど、そこには図らずも加害者となってしまった人がいることを忘れてはいけないと思いますね。

夏実が署の屋上でたそがれながら「恋っていいよね」「気持ちを伝えるのって切ないよね」と言っていたら、頼子が勘違いするのも無理もないか(^_^;)

挿入歌として「サボテンの花」がフルコーラスで流れていたのが印象的だったが、でも、この歌は冬から春にかけての歌なので季節に合ってない(^_^;)。しかし今回、美幸は同級生の結婚式に出席するため沖縄に行っているということだったので、まさかと思っていたが美幸の台詞が一言もなかった。美幸がお気に入りなのに…[:がく〜:]

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 逮捕しちゃうぞ フルスロットル | 01:00 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第19話
「ゆずれない絆」

美幸と夏実が追跡中の犯人を取り逃がした一件から口論になり仲がギクシャクする。夏実は自分が書くといっていた報告書がまだ全然書けてなく、課長から早く提出するよう催促された時、美幸が既に書き上げていて、それを出したため更にこじれる。

ラストの展開が予定調和なのは見え見えだったと言うと身も蓋もないですがそれしか言いようがないですね(苦笑)それと中嶋くん、夫婦喧嘩は犬も食わないんだから、お節介など焼かないで放っておきなさい(´▽`;A。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
| 逮捕しちゃうぞ フルスロットル | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第18話
「ビーチサイド・ラン」

夏実、美幸、頼子、葵ちゃんは休暇を取り海へ行く。そこで合流する予定になっていた後輩の沙織と再会する。食事に入ったお店の店長は夏実たちが警察官と知ると、盗撮の被害が出ていて、このままではイメージが悪くなり客足が遠のいてしまうから捕まえてほしいと頼まれる。

見た目はどこから見ても女性でも男の葵ちゃんばかり注目されていたら、頼子としてはそりゃ面白くないでしょう。

夏実たちが囮になりと言うかそれとなく監視する際、美幸がビキニの上の紐を外して背中を焼いていたが、そこまでするものなのでしょうかね?美幸がそういうことを一番しなさそうなだけにそう感じましたね。男の葵ちゃんを抜かせば美幸が一番、男性の視線を集めそうですから、それで白羽の矢が立ったのか(^_^;)

沙織は、盗撮の犯人である少年3人を見つけて、ひとりで拠点に踏み込んで、逃げられていたが、夏実たちを呼んでからでも良かったんじゃないの?

せっかくの休暇なのに結局、仕事をする羽目にぼやいていたが、彼女たちらしいのかもしれない。中嶋は美幸のいる海へ行こうと考えて、どのように偶然を装うか思いをめぐらしていたが、結局、どこの海へ行くか知らなかったと途方に暮れていたって、何て間の抜けたことをやっているんでしょう(^_^;)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 逮捕しちゃうぞ フルスロットル | 15:13 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第17話
「夢の中までぶっとばせ!」

夏実が風邪を引いて倒れてしまい、ひとり寂しくベッドで休んでいたが、夢実が悪いうえに空腹を満たそうとしても食料がなく、さらにグロッキー。外気に触れて気分転換しようとベランダに出たらスパイダーと呼ばれる連続窃盗犯とは知らず不審な男を追いかける。エレベーターの中で二人きりの状態になって取り押さえようとするが、いつもの力が出なくて絶体絶命の窮地に立たされるが、くしゃみで吹き飛ばし男は倒れる。盗んだものにGPSを仕掛けたのでそれを元に追っていた美幸たちがきて、身柄を確保。

葵ちゃんと頼子はパトの中で一人暮らしの風邪は寂しいものと話していたとき、花を回りに敷き詰めると言って、頼子にやりすぎじゃないのと言われていたが、確かにそうです。と言うか、それって棺が置かれている祭壇じゃないですか?頼子は頼子でそういう時はハンサムな男性に何から何まで世話してもらいたいと言う妄想を繰り広げているし・・・(^_^;)

夏実は一晩で治ったが、警邏のついでに見舞いに行った葵ちゃんと頼子がうつされたのが原因で交通課はみんな風邪を引いていた。しかし、一緒に暮らしている美幸が罹らなかったのは何故でしょうね。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
| 逮捕しちゃうぞ フルスロットル | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第16話
「サルとキノコと時限爆弾」

大人気アイドル「サユリ」が司会のチャリティーイベントの爆破予告があったと言う。
刑事課の人間は強面で子どもを怯えさせるので交通課に警備を要請。
その任務に夏実、美幸、頼子、葵ちゃんに白羽の矢が立つ。
制服だと何かあると思われるので、着ぐるみを着る羽目になる。
何故、着ぐるみを着ないといけないと不満を言いながらも取り合いになり夏実が猫、葵ちゃんがひよこ、頼子がサル、そして出遅れた美幸がキノコ(^_^;)

美幸は何故、私だけ動物じゃないのと恥ずかしがっていましたけど一番活躍したからいいじゃないですか。それに引き換えと言うのも変ですが、葵&頼子は爆弾を探すためゴミ箱をあさっていると、事情を知らない子どもの親たちに白い眼で見られたり、夏実は子どもたちにちょっかいを出されたりと大変でしたけどね。

続きを読む >>
| 逮捕しちゃうぞ フルスロットル | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第15話
「激撮!墨東署24時」

交通課の仕事を収めたドキュメンタリーを撮りたいと言う映画監督がやってくる。仕事があまりにも地味なので人を雇い自殺志願者を演じさせる。それを知った夏実と美幸は険しい表情になるが、監督はアクシデントと悪びれる様子もない。夏実は平静な表情を見せつつも機材を地面に叩き落し、これもアクシデントよねといってさらに壊す。後日、墨東署に送られてきたテープはちゃんと事実を伝えるもので、頼子は地味でつまんないと漏らしていたが、夏実と美幸はそれで良いと言う。

世の中、日々平穏がなにより一番です。
ここでまたオチがあるのかと思ったらなかった。

警察官としての正義感はと聞かれて葵ちゃんは「嘘をつかないこと」って、性別を偽っているあなたが言うな!と思ったら、はっきり言うつもりだったみたい。でも頼子が止めていた(^_^;)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 逮捕しちゃうぞ フルスロットル | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第14話
「二千人の容疑者」

夏実と美幸は仮装パレードの警備の準備をしていると、ひき逃げ事件発生と連絡があり、近くにいた彼女たちは現場に向かう。目撃者はおらず、そこにいた犬に懐かれてしまう。

その事故からほどなく、郵便局で3人組の男による強盗事件が発生し、移動に使った車は盗難車で、ひき逃げ犯のものと同一車両と判明。

刑事課の徳野は男たちが顔も隠さず犯行に及んだのが腑に落ちずにいたが、美幸は、彼らは仮装パレードに紛れ込んで逃走する算段なのではと推理する。葵はパレードがゴールに辿り着く前に捕まえないと二千人もの人を調べなければならないからお手上げと言う。

ここはもう少し尺を長くして緊張感を出したほうが良かったかなと思いますね。

強盗犯が事故を起こしたとき、彼らのひとりが車から降りて被害者を気にしていたが、他の2人に時間がないから構っている暇はないといわれ車に戻ろうとした際に、犬が彼のズボンを噛み千切ったため、それのニオイを手がかりに探していた。そして、犬に吠えられた彼らのひとりはよろけた拍子に盗んだお金をばら撒いてしまい、他の2人は逃走するが美幸たちに逮捕される。逃げた二人もひとりは中嶋、葵&頼子に、もうひとりは夏実に捕まり事件解決。

犯人探しのとき、本物の警察官でもパレードの中にいたらコスプレだと思われても仕方ないですね。しかし交通課の警察官が手錠を携帯しているんでしょうかと、そこは突っ込んじゃいけないのか(^_^;)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 逮捕しちゃうぞ フルスロットル | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP