Anellia Neo

井上喜久子さんのファン且つ「ケロロ軍曹」の秋ママLOVEと言うより
原理主義者MISTのアニメレビューブログ リンクはフリーです。
PROFILE
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセスカウンタ
検索ワード解析
サブタイトル一覧(テスト中)
クリックすると一覧表示
ケロロ軍曹4th(#155-#167)
ケロロ軍曹4th(#168-#180)
ケロロ軍曹4th(#181-#193)
ケロロ軍曹4th(#194-#205)
ケロロ軍曹5th(#206-#218)
ケロロ軍曹5th(#219-#231)
ケロロ軍曹5th(#232-#244)
ケロロ軍曹5th(#245-#256)
ケロロ軍曹6th(#257-#269)
ケロロ軍曹6th(#270-#282)
ケロロ軍曹6th(#283-#295)
ケロロ軍曹6th(#296-#308)
ケロロ軍曹7th&乙(#308-#320/#001-#013)
ケロロ軍曹7th&乙(#321-#333/#014-#026)
ケロロ軍曹7th&乙(#334-346/#027-#039)
ケロロ軍曹7th&乙(#347-#358/#040-#051)
らき☆すた(全24話)
ぽてまよ(全12話)
CODE-E(全12話)
ケロロ軍曹トラックバックピープル
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
名探偵コナン 第478話
「リアル30ミニッツ」

鬼ごっこの番組の元ネタが(あるのすら)わからないし、本筋には全く関係なかったので、このタイトルの意味は何だったのでしょう(-_-;)。

小五郎はレストランが混んでいて8時に予約したと言い、それまでの30分間、小五郎はパチンコ、蘭は洋服屋さん、コナンはミステリー専門の本屋さんで時間を潰すことにした。

事件が起きてパチンコ屋にいた小五郎を呼びに行った時、蘭はよく止められませんでしたね。パチンコ屋さんには18歳未満は入れませんから。しかし、おっちゃんが蘭やコナンを連れて外食に行った時、無事に食べられたのはどの程度なのでしょうかね(^_^;)。それとおっちゃんはコナンの言うとおり妙なところで運を使っていますね(^_^;)

余談ですが、つい最近、サッカーJ2愛媛FCに赤井秀一と言う選手がいることを知り、ちょっと驚きました(^_^;)

| 名探偵コナン | 23:11 | comments(0) | trackbacks(5) | ↑PAGE TOP
名探偵コナン 第477話
「元太の必殺シュート(後編)」

ルトガー氏が意識を失う前に言い残した「エル」は「エルフ」のことで、ドイツ語では数字の11を表す単語だった。

フランス語なら11くらいまで知っていましたけど、ドイツ語は1と2(ein,zwei)しか知らなかったのでわかりませんでした。ちょっと調べたらドイツ語でも「elf」に妖精と言う意味がありました。

昔から語学が割と好きなので「らんま」で中国語、「ネギま!」でラテン語をかじったことがあります。後者にいたっては羅和辞典を購入してしまったくらいです(´▽`;A

それはさておき、光彦と歩美の推理は安直すぎでしょう。もっとも、正真正銘の小学1年生ではそう考えるのも無理もないかもしれませんが。それとガキ大将と言う言葉は死語のような気もします。

| 名探偵コナン | 18:19 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
名探偵コナン 第476話
「元太の必殺シュート(前編)」

コナンたちはサッカー観戦。今はPK戦はほとんどありませんけどねえ。個人的なことですがひいきのクラブが4連続引き分けと停滞していて、先日の試合は敗戦だったので終わったあとはまあ、あんな感じです

観戦の帰りに阿笠博士が評判のチーズケーキをコナンたちに食べさせるために立ち寄ったデパートの駐車場でたまたま知り合ったルトガー氏、3階をセカンドフロアーと言った時はイギリス人かと思ったんですがドイツ人でしたね。

「強い者が勝つのではなくて、勝った者が強い」と言ったのがベッケンバウアーと知っていれば、ドイツ人とわかったかもしれませんが

阿笠博士はルトガー氏にコナンは本当に少年なのかと聞かれて困っていましたけど、コナンがあれだけ論理的に推理をしていたら、ルトガー氏がそう思うのも無理はないでしょう。

敗戦のショックのあまり、チーズケーキを食べる気にはなれないという元太はひとり駐車場に残っていた。そこでサッカーボールを蹴って遊んでいると大きな物音がして、その方へいくとルドガー氏がこめかみから血を出していた。コナンが犯人は尋ねると元太を指差すので、元太は自分が蹴ったサッカーボールが当たったせいではと考える。

コナンの言うとおり子どものキック力では無理でしょう。歩美のコナン君はよくサッカーボールで犯人を倒していると言っていたが、あれは機械仕掛けですからねえ

余談ですがチーズケーキにはスラングで女性の脚線美を強調したセミヌード写真と言う意味があります。
| 名探偵コナン | 18:19 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
名探偵コナン 第475話
「悪運グランプリ」

日本一運の悪い男を利用し、事故に見せかけた殺人未遂事件。

しかし、視聴者からの投稿ビデオを流すテレビ番組をよくみんな観ていたものですね。少なからずテレビ出演している毛利探偵を知らない人もいるというのに、と言うか探偵が顔出ししてはまずいんじゃないのかと今更ながら思う私です。

今回はそれも含めて偶然の要素が多すぎる気がします。

おっちゃんの「蘭がいない時くらい、美味しいものを食べさせてやると言っているんだ。」と言うことは、蘭はまだ合宿中なのでしょうか?結局、この日の夕食はどうなったんでしょう。事務所の1階にある喫茶「ポアロ」かカップラーメンあたりで済ましたと見るのが妥当ですかね
| 名探偵コナン | 00:58 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
名探偵コナン 第474話
「妃英理弁護士の恋」

妃弁護士は小五郎との初デート記念日とか初夫婦喧嘩記念日とか何かにつけて記念日にしてしまうアニバーサリー女だったんですね(^_^;)

蘭は家を掃除しているときに見つけたアルバムで、今日が小五郎と英理の初デート記念日を知り、弁護士事務所に花束を届けに行く。

何故かイライラしている英理。とりあえず花を生けるために目に入った花瓶を使おうとしてダメだと言われる。その時、電話が掛かってきてこれから出かけるから猫のゴローの世話を頼むと出て行く。その後、使うのをダメと言われた花瓶をゴローが倒して、その中から英理が見知らぬ男性と写っている写真を見つけ、さっき電話をかけてきたのがその男性で、英理がいつも嵌めている指輪も入っていたので浮気ではないかと疑う蘭。

英理が喫茶店で会っていたその男性は獣医の戸部先生でゴローの様子がおかしいから相談に乗ってもらっていただけだった。

それにしても何故、ペット相手だと赤ちゃん言葉になるのでしょうか?イヌや猫を飼ったことがないのでわかりかねます。自分自身でペットを飼ったことは一度もないです。

しかし、何か腑に落ちない蘭。それは英理が胸元がかなり明いた服を着ていることと気づく。その服装ゆえ今は独身と言う戸部先生も期待していたが、それは小五郎と初デートの時に着ていた物だった。

年甲斐もなくと言っていたが、何歳くらいなのでしょう。小五郎とは学生結婚で蘭が17歳だから40ちょっとでしょうか

それにしても今回の蘭は怖すぎます。そんな蘭に振り回されるコナンも大変ですね。まあ警察沙汰の事件が起きず平和でよかったですけどねえ。
| 名探偵コナン | 00:08 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
名探偵コナン 第473話
「工藤新一少年の冒険(後編)」

一部ネタバレにつき折りたたんでいます。
続きを読む >>
| 名探偵コナン | 01:34 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
名探偵コナン 第472話
「工藤新一少年の冒険(前編)」

コナンたちのクラスは図書室で読書。本棚の奥から蘭の財布が見つかったことからコナンは10年前の話をし始める。

コナンは今年で放送10周年なんですけどと言う突っ込みは野暮ですね。

新一は勝手についてきた蘭と夜中の学校に忍び込み、謎の男から挑戦状を叩きつけられ、受けて立つ。

最初の暗号にあった「怒りを鎮めよ」を「おこりをちんめよ」と読んだことを大笑いされていたが、当時の新一は小学1年生なんだからまともに読めなくても当然でしょう。

小林先生、教師のあなたまでそれは笑いすぎでしょう(-_-;)
珍しく灰原がそれをフォローしていましたけどねえ

謎の男の正体は声が池田秀一さんとは言えFBIの赤井秀一と言うことはないですね。新一の父・優作さんと言う気もするんですけどねえ。ネタバレになるので別の声優さんを使うのは常套手段ですから。

今回は10年前の話なので当たり前なんですけど、みんな若かったですね。それにしても阿笠博士の髪が黒くてふさふさだったことに驚きました。今、確か52、3歳と記憶しているのですが、ふけすぎじゃないですか(・_・;)
| 名探偵コナン | 18:27 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
名探偵コナン 第471話
「レンタカー制御不能!」

毛利探偵、蘭、コナンはレンタカーでドライブ。行き先は今日だけ半額と言う温泉。

小五郎はその目的地まであとどのくらいと尋ねて約100kmと蘭が言うのを聞いて、まだ10kmちょっとしか走っていないと言っていると携帯電話が鳴り、それは目暮警部からで、警察に杉山と名乗る男から毛利小五郎が借りた車に爆弾を仕掛けた、走行距離が10km越えた時点で起爆スイッチが入り時速20kmを下回ると爆発すると言う電話があったと言う。

毛利探偵はいたずらではと聞き返すが、目暮警部は犯人がいたずらじゃない証拠として給水塔を爆破すると言っていたが確認は出来ていない以上、仕掛けられていると考えたほうがいいという。その時、車内から見えた給水塔が爆破され、コナンはいたずらではないと考える。

目暮警部に偽名だと思うが杉山と言う男に心当たりはあるのかと尋ねられレンタカーを借りた時の担当者が杉山と言う男だったと答える。

ガソリンの量は確認した時は満タンだったが、そのあと抜かれたのかほとんど残り少なく、蘭とコナンだけでも脱出させようにも車は故障させられていてカギが開かず諦めていると、パトカーを併走させて高木刑事が窓ガラスを割ってコナンを助ける。

犯人は有名人である毛利探偵を消せば話題になるからと言っていたとのことですが、恐らくこの日に何か関係があるはずと思ったコナンが調べさせたんだと思いますが3年前のこの日、心変わりをした恋人を殺害した男を毛利探偵と目暮警部が追っていた時、自ら高速道路の分岐点に突っ込んで命を落としたことを、海外にいたため事情を知らず小五郎たちが深追いしたせいで兄を死に追いやったと思い込んだ男が復讐するために仕組んだことと判明する。

高木刑事は蘭も脱出させようとするがその先は渋滞で車線が1車線分しかなく並行して走ることが出来ず、蘭はもう無理と回避してしまう

この後の小五郎と蘭のやり取りがグッと来ますね。普段、娘の蘭にたしなめられることの多い小五郎ですが、いざと言うときはさすが父親と言う顔を見せてくれます。

それに真犯人にあんたはめっけもんだ殺人犯にはならずに済んだんだからと言うところも格好よかったんですけど、最後はやっぱりいつものおっちゃんでした(^_^;)

今から行けばまだ間に合うと言う小五郎に目暮警部は温泉はまた別の日にすればいいじゃないかと言うが、半額なのは今日だけと答えるおっちゃんに、蘭がでもそれはお父さんを車に乗せるためだったんじゃないのと言っていたが、そう考えるのが普通でしょうね。

ただ、ひとつ疑問があるのですが、何故、目暮警部には矛先が行かなかったのでしょう。

車のナンバープレートを見て遊び心があると思いました。何故ならレンタカーが9-18で神谷明さんの誕生日、爆発物処理に用意した大型トラックが89-82、「ばくはつ」と語呂合わせになっていましたから。

佐藤刑事は大型トラックの免許を持っているんですね。この分だとクレーン車やトラクターの免許も持っていそうな気がします。

こういう設定を扱った作品と言えば映画「スピード」ですけど、観ていないのでわかりませんが、それもこんな感じなのでしょうか? ちなみに私はテレビで放映されるのは吹き替えが井上喜久子さんじゃなかったので見なかったという現金なヤツです(^_^;)

古い日本映画で「新幹線大爆破」と言うのもありますけどね。e2 by スカパー!のテレビガイドを見ていなければ名前すら知らなかったでしょう。その映画について調べていたら、コナンの劇場版第1作で電車が時速60km以下になると爆発すると言うシーンがあったと書いてありましたが、すっかり忘れていました(^_^;)
| 名探偵コナン | 23:50 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
名探偵コナン 第470話
「怪盗キッドと四名画(後編)」

今回はトリック崩し型なので真犯人は最初からわかっていましたけど誤解が生んだ悲しい事件でした。

怪盗キッドが姿を見せずに逃げられたのは、こういう方法ではと高木刑事が披露したマジックで、コナンが解決の糸口をつかんだので「高木刑事、大活躍」と思っていました(´▽`;A。

ちなみにそのマジックは目暮警部が昔、宴会でやってどっちらけだったもの、佐藤刑事は父親からその話を聞いていたという。

ネタバレになりますが怪盗キッドが変装していたのは高木刑事でした。人が入れるほど大きな箱に千葉刑事がいたと言うことだったので、千葉刑事だったのかと思っていたら、彼に変装させられていた高木刑事と言うのが真相でした。

と言うことは、自ら警察の敵と言っていたんですね。前編の感想で佐藤刑事に変装しているのではと予想していましたが、ものの見事に外れました。よく考えたら隙のない佐藤刑事とはそう簡単にすりかわれないですね。だから、それが一番、楽だったのが高木刑事だったのでしょう。

これで「高木刑事、大活躍と思っていました」の後に(´▽`;Aが付いている理由がわかりましたね(´▽`;A
| 名探偵コナン | 01:08 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
名探偵コナン 第469話
「怪盗キッドと四名画(前編)」

先々週、劇場版を放映していましたが、通常枠のコナンはほぼ1ヶ月ぶり。

そして、怪盗キッドの登場も久しぶり。彼の犯行を3度も阻止した小学生と言うことでコナンが取材攻勢に遭う。

新聞記事にならないときもあるということなのでもう少しあるらしい。

取材陣から次もキッドの犯行を阻止できるかの質問にやってみないとわからないと謙遜するコナンをよそに、キッドの犯行を阻止できていたのは自分の教育のお蔭と答える毛利のおっちゃんは調子が良すぎますね。

キッドに対して擁護的な佐藤刑事と警察の敵と言う高木刑事の間でちょっとした言い合いになっていたが、何か痴話げんかに見えてしまいました(-_-;)。それなので、その佐藤刑事はキッドの変装ではと言う気がするんですけどねえ。
| 名探偵コナン | 23:54 | comments(0) | trackbacks(4) | ↑PAGE TOP